雨漏りの調査方法の種類と費用

雨漏りは、雨水の浸入経路を正確に把握して修繕を行わなければ、根本的な補修はできません。

浸入経路を正確に把握するために、雨漏りの調査が必要で、無料調査から高額な調査まで様々な種類の調査方法があります。

このページでは、雨漏り調査の種類と費用、雨漏り調査の流れ、悪徳業者について紹介しています。

雨漏り調査の種類と費用

目視調査


目視調査は、外壁や屋根を目視や触診、打診で調査する基本的な調査方法です。他の調査方法を行った際にも、目視調査を組み合わせて行う場合が多いです。

調査費用は無料もしくは数万円で、状況にもよりますが、1か所に付き30分~1時間程度で完了します。


散水調査


散水調査は、雨水が浸入していると疑われる箇所にシャワーホースなどで水をかけ、雨漏りを再現することで、雨水の浸入経路を特定します。

調査費用は、30,000円~180,000円で、30分~1時間程度で完了します。


ファイバースコープ調査


ファイバースコープ調査は、工業用内視鏡を用いて、排水管や屋根裏などの手が届きにくい箇所を撮影して調査します。

調査費用は、30,000円~1000,000円で、30分~1時間程度で完了します。


赤外線カメラ調査


赤外線カメラ調査は、赤外線カメラで建物を撮影して、温度差が生じている箇所を特定する調査です。雨漏りが生じている箇所は、極端に温度が低くなっている場合が多いです。

調査費用は、30,000円~1000,000円で、1時間以上の時間を要します。


発光液調査


発光液調査は、雨水が浸入していると疑われる箇所に発光液を流して、紫外線を当てることで雨水の浸入経路を特定します。

発光液は、紫外線によって発光するので、水の流れが容易にわかり、複数個所で雨漏りが起こっている場合に有効です。

調査費用は、100,000円~250,000円で、1時間以上の時間を要します。


悪徳業者には注意が必要


雨漏り調査でも悪徳業者が存在します。雨漏りの補修は緊急性が高い施工ですが、知識や技術力のある業者でなければ、雨漏り調査で原因の特定は難しく、根本的な補修はできません。

悪徳業者は、知識や技術力が低いことがほとんどで、突然訪問してきて不安を煽って契約を急かしたり、高額な大規模工事を勧めてくる場合が多いので、注意が必要です。


実際の調査の様子

弊社では、まず最初にお客様とのヒアリングを行い、該当箇所を目視調査で漏水箇所の目星をつけます。その後、赤外線カメラや水分計を使い調査を行います。

まとめ

雨漏り調査は、基本の目視調査に加えて、散水調査、ファイバースコープ調査、赤外線カメラ調査、発光液調査などがあります。それぞれ特徴があり、状況に応じて使い業者の判断で使い分けます。

雨漏りは緊急性の高い施工ですが、悪徳業者が存在しているので、安易に契約を行わないようにしましょう。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ