AGCコーテックの特徴と代表的な塗料

AGCコーテックはどのような会社か

AGCコーテックは、旭硝子のグループ会社でフッ素塗料の開発と製造を専門に行っています。

1963年に前身のボンタイル株式会社が設立され、当時はボンタイルの製造と販売を行っていました。

1982年にフッ素塗料のルミフロンを開発し、1988年に旭硝子コートアンドレジン株式会社へ社名を変更して、フッ素塗料の専門メーカーへ変わりました。1991年に世界で初めて水性のフッ素塗料「ボンフロン水性」を開発し販売しています。

2007年に現在の社名であるAGCコーテック株式会社へ変更されており、フッ素塗料のリーディングカンパニーとして広く認知されています。

戸建てやマンションなどの建築物以外に、航空機や車輌など様々な分野で塗料が使用されています。

認定施工店「メイクupショップ」

AGCコーテックのフッ素塗料「ルミステージ」は、認定施工店「メイクupショップ」だけが扱うことができます。全国で約400店舗があり、研修会で塗装技術やマナーなどを指導しています。

代表的な塗料の単価と耐久年数

塗料名 グレード 耐久年数 単価(m2)
ルミステージ フッ素 20年 4,800
エコクールスマイルSi フッ素 20年 3,400~11,500

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

       

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!
※当サイトへ参加希望の会社様はメールでのみ受付しております。

お電話 メールフォーム
スタッフ