日本ペイント(株)のハナコレクションの特徴と価格

ハナコレクションは、4種類のグレードから構成されています。豊富な配色パターンや耐久性が高いなどの特徴があり、2011年以降現在までロングセラーを続けている人気のある塗料です。

このページでは、ハナコレクションの特徴、4種類のグレード、施工単価を耐久年数について紹介しています。

ハナコレクションとは

ハナコレクションは、日本ペイントから発売されている塗料で、水性1液シリコン、弱溶剤1液シリコン、弱溶剤2液シリコン、弱溶剤2液フッ素塗料の4つのグレードがあります。

花の色がテーマ

花から生まれたカラーテーマと豊富な配色パターンで、自然の色彩を表現することができます。

カラーテーマは、ホワイト、イエロー、オレンジ、レッド、マゼンタ、ヴァイオレット、ブルー、グリーンの8色があり、カラーテーマを元に選べる色は、146色あります。

ハナコレマイスターの資格

日本ペイントは、住宅塗替え塗装における色彩選定の個人資格である「ハナコレマイスター」を主催しています。講座と試験によって、ハナコレクションの知識を有している職人に付与されます。

実績が豊富

ハナコレクションは、2011年の販売されて以来、ロングセラーで人気のある塗料なので、多くの施工実績があります。

4回塗りのハナコレ工法

通常の塗料は、下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りですが、ハナコレクションは、通常の3回塗りに加えて、オーバーコートを施すので、4回塗りの施工になります。

この工法を「ハナコレ工法」と呼ばれており、特定の塗料で4回塗りを施します。工程が1回増えるので、施工単価は高くなりますが、高耐久の塗膜を形成することができます。

超低汚染性

ハナコレクションのオーバーコートは、親水性が非常に高い塗膜を形成します。親水性が高いことで、汚れと塗膜の間に雨水が入り込んで、汚れを流します。

そのため、外壁が汚れづらく、塗膜の劣化を抑えることができます。

5種類のハナコレクション

ハナコレクション100水性

水性1液シリコン樹脂塗料で、防カビと防藻効果があり、施工時にバラの香りがします。

ハナコレクション100ファイン

弱溶剤1液シリコン塗料で、防カビと防藻効果があり、乾燥が早く作業性の高い特徴があります。

ハナコレクション200UVファイン

弱溶剤2液シリコン塗料で、耐候性と防汚性に優れた特徴があります。

ハナコレクション300UVファイン

弱溶剤2液フッ素塗料で、ハナコレクションの中で最も耐久性と耐候性に優れています。

ハナコレクション500コート

ハナコレクション500コートは、無機のコーティング剤で、各グレードの上塗りの上から施工します。

ハナコレクションの単価と耐久年数

塗料名 グレード 耐久年数 単価(m2)
ハナコレクション100水性 水性1液シリコン樹脂塗料 7年~13年 2,000~2,600円
ハナコレクション100ファイン 弱溶剤1液シリコン塗料 7年~13年 2,000~2,600円
ハナコレクション200UVファイン 弱溶剤2液シリコン塗料 7年~13年 2,000~2,600円
ハナコレクション300UVファイン 弱溶剤2液フッ素塗料 10年~15年 3,000~3,800円
ハナコレクション500コート 無機 1,180円(1回塗り)

まとめ

ハナコレクションは、日本ペイントから発売されている塗料で、水性1液シリコン、弱溶剤1液シリコン、弱溶剤2液シリコン、フッ素の4種類があります。

2011年から現在まで発売されており、実績が豊富でハナコレマイスターやハナコレ工法など独自の制度や、バラの香りがする塗料など、ハナコレクション独自の特徴があります。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

       

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!
※当サイトへ参加希望の会社様はメールでのみ受付しております。

お電話 メールフォーム
スタッフ