日本ペイント(株)のパーフェクトトップシリーズの特徴と価格

パーフェクトトップはラジカル塗料で、シリコン塗料に代わって現在に主流になりつつあるグレードの塗料です。シリコン塗料と同等の価格帯で、耐久年数が長いため、費用対効果が高い特徴があります。

このページでは、パーフェクトトップのメリットとデメリット、単価と耐久年数、他メーカーの似た塗料について紹介しています。

パーフェクトトップとは

パーフェクトトップは、2012年に日本ペイントが販売したラジカル塗料です。

ラジカル塗料とは

ラジカルは、塗料の色の元などになる「顔料」に含まれている「酸化チタン」が紫外線などが当たることによって発生し、樹脂や有機顔料を分解する働きがあるので、塗膜を劣化させる原因になります。

ラジカル塗料の正式名称は、「ラジカル制御型塗料」で、高耐候酸化チタンと光安定で塗料に含まれるラジカルを発生させない性質があります。

高耐候酸化チタンは、発生したラジカルを閉じ込めて、光安定剤は、高耐候酸化チタンが捕まえきれなかったラジカルを捕まえて動きを抑制します。

パーフェクトトップのメリット

費用対効果が高い

施工単価は、シリコン塗料と大差ないですが、耐久性は、シリコン塗料以上あり、フッ素未満です。

紫外線による劣化に強い

ラジカル制御によって、紫外線による劣化に強く耐久性が高い特徴があります。そのため、塗膜が紫外線によって粉状になる「チョーキング現象」に対して、非常に強い特徴があります。

親水性が高い

親水性とは、水がよく馴染む性質で、雨によって汚れが流れる効果が期待できます。

光沢が持続する

汚れや変色に強いため、塗装時の光沢が長く持続します。

塗装できる下地が多い

サイディングやコンクリート、木部など様々な下地に塗装を行うことができます。

パーフェクトトップのデメリット

濃い色はできない

高耐候酸化チタンは白色の顔料なので、濃い色を調色することができません。但し、濃い色は酸化チタンが含まれないので、チョーキングが発生しにくい特徴があります。

パーフェクトトップの単価と耐久年数

日本ペイントの設計単価で、実際に業者が提示する単価は、2,200~2,800円前後です。

塗料名 グレード 耐久年数 単価(m2)
パーフェクトトップ ラジカル 10~13年 3,230~4,300
パーフェクトセラミックトップG ラジカル 15年 4,160
パーフェクトトップローズ ラジカル 10~13年 3,280~4,350
ファインパーフェクトトップ ラジカル 10~13年 3,410~4,480

他メーカーの似た塗料

プレミアムシリコン

プレミアムシリコンは、エスケー化研から販売されているラジカル塗料で、実際に業者が提示する単価は、2,450円前後です。

アレスダイナミックTOP

アレスダイナミックTOPは、関西ペイントから販売されているラジカル塗料で、実際に業者が提示する単価は、2,600円前後です。

まとめ

パーフェクトトップは、シリコン塗料よりも、価格と耐久年数のバランスが良く、光沢が持続して親水性を発揮する特徴があります。但し、濃い色は施工ができないので注意が必要です。

似た塗料には、プレミアムシリコンやアレスダイナミックTOPがあり、これらを含めたラジカル塗料は、シリコン塗料に代わって主流になりつつある塗料グレードです。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

       

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!
※当サイトへ参加希望の会社様はメールでのみ受付しております。

お電話 メールフォーム
スタッフ