機能性塗料にはどのような種類(機能)があるか?それぞれの特徴

塗料には機能性塗料と呼ばれる優れた機能がついたものがあり、汚れにくい外壁にしたり、熱に強い屋根にすることが可能です。

このページでは機能性塗料について紹介するので、塗料の機能について理解し、より良い塗料選びをしましょう。

機能性塗料とは

機能性塗料とは、塗料の役割である素材の保護や見た目の美しさといった目的以外の機能を持った塗料のことです。機能を十分に発揮するためには、塗料の使用量や塗装工程をきちんと守り、適正な施工を行うのが大切です。

機能性塗料の主な機能

遮熱性

遮熱性とは、熱を反射させる機能のことです。屋根に遮熱塗料を使用すれば、暑い夏でも熱を反射させるため、室内温度の上昇を抑えることが可能です。

断熱性

断熱性とは熱を反射するのではなく、熱の伝わる量を少なくする機能です。熱が伝わりにくいので、夏場の室内温度の上昇を抑えられます。

遮熱塗料と大きく違うのは、熱を伝わりにくくするだけではなく、室内の暖かい空気が外に逃げるのを防いでくれるという点です。この機能によって、冬場も室内を暖かく保つことができます。

低汚染性

低汚染性とは汚れが付きにくい機能で、親水性が優れているのが特徴です。

親水性とは水と馴染みやすい性質のことで、外壁に汚れが付着しても、塗膜と汚れの間に雨水が入り込むため、そのまま汚れを洗い流してくれる効果があります。

透湿性

透湿性とは、外部からの水は通さず、内部からの湿気は通す機能です。この機能により、湿気が原因で発生する塗膜の膨れや剥がれなどが起こりにくくなり、さらにカビや結露などを抑える効果も期待できます。

防水性・耐水性

防水性・耐水性とは、通常の塗料よりも水に強い塗料で、ひび割れに追随して水が侵入するのを防ぎます。このような塗膜が伸び縮みする塗料のことを「弾性塗料」と言います。

防水性・耐水性水のある塗料は雨漏りの発生を防ぎ、さらに建物の腐食も抑えることが可能です。

防カビ・防藻性

防カビ・防藻性とはカビや藻の発生を抑える機能のことです。カビや藻は見た目が悪くなるだけではなく、建物の腐食にも繋がり、結果的に劣化の原因になってしまいます。

耐火性

耐火性とは火に強く、火災時でも建物を守る機能です。耐火塗料は戸建て住宅にはあまり使用されず、大型物件や工場、倉庫などで採用されることが多いです。

耐候性

耐候性とは、雨風や紫外線など様々な天候から建物を守る機能です。

建物は常に外気の影響を受けているため、塗装で建物を保護することが大切です。耐候性が高い塗料であれば、受ける影響を軽減することができ、劣化するスピードも遅らせることが可能です。

まとめ

塗料には、夏場の室内温度の上昇を抑える「遮熱・断熱塗料」や、汚れが付きにくい「性汚染塗料」など生活に役立つ機能が豊富にあります。

塗料選びで悩んでいる方は、どのような機能がついているのかを確認し、さらに環境や塗装する目的を明確にすることで、建物にあった塗料を選ぶことができるでしょう。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ