玄関ドアのリフォーム料金と注意点

玄関ドアのリフォーム方法にはいくつかあるため、それぞれの工事内容や費用などを知っておくことで、目的や予算に合わせてリフォームすることができます。

さらにドアの種類も様々なので、環境や家族構成に適したドアを選ぶことも、玄関ドアのリフォームでは重要なポイントになります。

このページでは、玄関ドアのリフォーム方法や費用、種類などについて紹介します。

玄関ドアのリフォーム方法と料金

玄関ドアの交換


既存のドアを新しいドアに交換する方法で、周辺の壁を取り壊して新しいドア枠を固定し、その後玄関ドアを取り付けます。

既存のドアとサイズや種類が異なる場合は工事費や工期がかかるので、費用を抑えて交換したい方は、同じサイズや種類のドアを選ぶようにしましょう。

費用の相場は30万円~50万円で、製品代や既存ドアの処分費、工事費などがかかります。


カバー工法


カバー工法とは、既存のドア枠の上から新しいドア枠を被せる方法で、最短1日でリフォームすることが可能です。また、壁を取り壊す必要がないため、費用を抑えることができます。

ただ、ドア枠を被せる方法なので厚みが出て、ドアの内側のサイズが数センチ狭くなったり、段差ができてしまうことがあります。費用の相場は20万円~40万円で、製品代や撤去費用などがかかります。


玄関ドアの塗り替え


既存のドアを交換せずに塗り替える方法で、費用を抑えつつ見た目を変えたい方にオススメです。汚れや色あせなどを綺麗にするのはもちろん、塗料の色も豊富にあるのでデザイン性を持たせることもできます。

ただし、ドアの素材によって使用できない塗料もあるので、事前に確認しておくのが良いでしょう。費用の相場は5万円~20万円で、金属製のドアより木製のドアの方が高くなるケースが多いです。


玄関ドアにシート(フィルム)を貼る


既存のドアにシート(フィルム)を貼る方法で、費用を抑えて簡単にリフォームしたい方にオススメです。シート(フィルム)は商品が豊富に揃っているので、好みの色やデザインを選ぶことが可能です。

耐久性や手入れの方法などは商品によって異なるので、リフォームする際に確認しておきましょう。費用の相場は7万円~15万円で、商品によって費用は異なります。


玄関ドアの種類

片開きドア


一枚の扉が開閉するタイプで、最もポピュラーなドアになります。室外に開くものを外開き、室内に開くものを内開きと言い、狭い場所でも設置することができます。


両開きドア


左右に同じサイズの扉があり、両開きできるタイプでです。玄関口が広くなるため高級感を演出することができたり、荷物の出し入れなどもしやすくなります。


親子ドア


左右に親扉と子扉と呼ばれるサイズの異なる扉がついているタイプで、日常的に使用する場合は、親扉のみを開閉します。荷物を出し入れするときなどは、子扉も開閉することで玄関口を広くすることが可能です。


片袖ドア


片側に袖と呼ばれるガラスが入ったタイプです。ガラス部分は開閉できませんが、光を取り入れることができるため、明るい玄関を作ることができます。


両袖ドア


両側に袖がついているタイプで、片袖ドアよりもより多くの光を取り込むことができるため、玄関が明るく開放的になります。


引き戸(スライディングドア)


扉を横にスライドして開閉するタイプです。玄関の外にスペースが無くても玄関口を広くでき、開閉も楽に行うことができます。


玄関ドアの様々な性能

断熱性


断熱性のないドアの場合、外の寒さが室内に入り、さらに室内の暖かさが外に逃げてしまいます。断熱性のあるドアにすることで、室内の温かさが外に逃げるのを防ぐことでき、寒い冬でも快適です。


防犯性


防犯性のあるドアは様々で、鍵自体は防犯性が高くピッキングに強い「ディンプルキー」や「ウェーブキー」などが主流となっています。また、リモコンやカードキーなどで開閉ができるドアを使用することで、より防犯性が高まります。


採風性


採風性のあるドアであれば、ドアを閉めた状態のまま風を取り込むことできます。換気することで結露やカビの発生を防ぎ、熱や臭いなどが溜まりにくくなります。また、鍵をかけたまま通風できるので、防犯面でも安心です。


採光性


ドアにガラスをつけたり、壁に窓を付けて光を取り込むことができます。採光性の高い玄関は明るく開放的な雰囲気になるので、玄関の広さやデザインなどに合わせて、取り込む光の量を調整しましょう。


玄関ドアをリフォームするときの注意点

既製品がない場合


既製品の玄関ドアが取り付けられない場合は、特注でオーダーすることになるため費用が高額になります。さらにドアの作成に時間がかかるため、工期が長くなることもあります。


交換したいドアのサイズや形状が異なる場合


ドアのサイズが異なるものに交換する場合は、取り付ける際に玄関周りの工事が必要になるため、通常よりも費用が高くなります。

また、引き戸から開き戸、開き戸から引き戸など形状が違うドアに交換する場合も、別途費用がかかります。


玄関ドアのデザイン


玄関ドアのリフォームのみ行う場合、ドアのデザインだけを見て製品を決めてしまうと、取り付けたときにドア周辺との調和が取れず、家全体の美観が損なわれてしまう場合があります。

ドアのデザインは家の外観を決める重要なポイントになるので、ドアだけ浮いた印象にならないよう家全体のバランスを見ながら、形や色を決めるようにしましょう。


まとめ

玄関ドアはリフォーム方法によって費用が大きく変わるため、リフォームする目的を明確にしておくのが良いでしょう。ドアの種類や性能も豊富なので、ドアを設置する環境や生活スタイルなども考えて選ぶことも大切です。

ただ、費用が高くなるケースや家全体のバランスが悪くなってしまう場合もあるので、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ