外壁・屋根塗装でリフォームローンを使う方法や注意点

外壁塗装は、平均して100万円の高額な施工費用がかかります。手元にお金が無い場合などは、リフォームローンを利用して適切な時期に施工を行うことをオススメします。施工には適切な時期があり、先延ばしにすると、雨漏りなどが発生して修繕費用が更に高額になる可能性があるためです。

リフォームローンには、担保や金利に種類があり、申込する金融機関によって条件が変わるので、違いを理解した上で、検討する必要があります。

このページでは、リフォームローンのメリットとデメリット、有担保ローンと無担保ローンの違い、固定金利と変動金利の違い、金融機関の種類について紹介しています。

リフォームローンとは

リフォームローンと住宅ローンの違い


住宅のリフォームでローンを利用する場合は、リフォームローンと住宅ローンの2種類があります。

リフォームローンは、住宅をリフォームする際に借り入れをします。住宅ローンは、住宅を購入する際に借り入れをするローンで、一部をリフォーム費用に充てることができます。


リフォームローンのメリット


外壁塗装には適切なタイミングがあり、先延ばしにすると重大な欠陥が発生し、修繕費用が高額になる可能性があります。

ローンを利用することで、お金が手元になくても施工を行える、もしくは手元のお金を使わないで施工を行えるので、適切なタイミングで施工が行えます。


リフォームローンのデメリット


ローンのデメリットは、金利があるので支払い総額が高くなる、住宅ローンがある場合にリフォームローンを利用すると2重の支払いが発生するといった点があげられます。


有担保ローンと無担保ローンの違い

リフォームローンは、担保を付ける「有担保」と担保がいらない「無担保」があります。

有担保ローン


有担保ローンは、土地などの所有財産を担保にします。返済ができなくなった場合に、お金を貸した銀行などが所有財産を処分してお金を回収します。

担保があることで信用が高くなり、「借り入れ金額が多い」「返済期間が長い」「金利が低い」といった特徴があります。

金利が低いので、支払い総額が安くなりますが、申込の際に保証料や事務手数料などが発生します。融資額が少ない場合は、無担保ローンよりも総額が高くなる可能性があるので、注意が必要です。

また、審査が厳しい傾向があります。審査に落ちた場合は、履歴が信用情報に残るので、他でローンを申し込む際に影響が出て、審査に落ちる可能性があります。


無担保型のローン


無担保型のローンは、担保がなくても申し込めるローンです。有担保ローンと比べて、審査が緩く短時間で手続きができるといったメリットがあります。但し、「借り入れ金額が少ない」「返済期間が短い」「金利が高い」といったデメリットがあります。

金融機関によっては、不動産などの担保となる資産がなくても利用できる「無担保」のリフォームローンがあり、担保設定がない分、審査も若干優しく手続きがスムーズというメリットがあります。


固定金利と変動金利の違い

ローンの種類によって、金利が一定の「固定金利」と金利が変動する「変動金利」を選ぶことが出来ます。

固定金利


固定金利は、申込時の金利が完済まで適用されます。急に金利が高くなるといったリスクが無いですが、申込時の金利が高い場合に申込をすると、高い金利を支払い続けることになるので、注意が必要です。


変動金利


変動金利は、市場に応じて金利の見直しが行われます。金利が予想できないので、支払い総額が計算できないデメリットがありますが、金利の見直しによって支払い総額が安くなる可能性があります。


リフォームローンを扱っている金融機関の種類

リフォームローンを扱っている金融機関の種類は、住宅ローンを申し込んでいる銀行、その他の銀行、クレジットカード会社、公的融資があります。

住宅ローンを申し込んでいる銀行

住宅ローンを申し込んでいる銀行は、すでに返済の実績があるため、低金利で利用が出来たり、住宅ローンとリフォームローンを合算して乗り換えができる場合があり、他の銀行よりも有利な条件で申し込みができる可能性があります。

その他の銀行

住宅ローンを申し込んでいる銀行でリフォームローンを扱っていない場合や審査に落ちた場合は、その他の銀行に新規で申込をします。

住宅ローンを申し込んでいる銀行よりも、条件が悪く審査が厳しい傾向があります。

クレジットカード会社

クレジットカード会社のリフォームローンは、金利が高い特徴があります。但し、施工業者と提携している場合は、手続きを代行してくれるので、スムーズに申込ができます。

公的融資

住宅金融支援機構や自治体住宅融資などの公的金融機関でもリフォームローンを申込むことができます。低金利で返済期間が長いですが、融資の条件が厳しく施工金額の8割までしか申し込めないなどの特徴があります。

リフォーム支援制度

補助金

国や自治体によって、リフォーム支援制度で補助金が出る場合があり、遮熱塗料などの省エネリフォームで適用されていることが多いです。

住宅ローンの減税

住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)を行っているので、要件を満たせば、10年に亘って減税処置を受けることができます。

まとめ

リフォームローンは、担保によって条件が変わり、固定金利と変動金利を選ぶことが出来ます。金融機関の種類の種類によって、金利や審査の可否が変わり、住宅ローンを申し込んでいる銀行と公的融資の条件が良いことが多いです。

また、リフォーム支援制度を利用すれば、補助金や減税処置が受けられるので、実施要項を確認することをオススメします。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ