外壁・屋根塗装の工事代金の支払い方法の種類と支払うタイミング

外壁塗装は、平均で100万円をこえる高額な施工なので、支払いには細心の注意が必要です。特に、現金の先払いは危険で、持ち逃げや手抜き工事のリスクがあります。現金払いのほかに、クレジットカードやリフォームローンなど支払方法があり、それぞれに特徴があります。

このページでは、現金払いの支払うタイミング、クレジットカード払い、リフォームローンの種類、財形貯蓄について紹介しています。

工事代金の支払い方法の種類


外壁塗装の支払い方法は、現金払い、クレジットカード、リフォームローン、財形貯蓄があります。現金払いが最も一般的で、クレジットカードやリフォームローン、財形貯蓄は、施工業者や状況によって使用できるか変わります。


現金払い


現金払いは、支払うタイミングによって4種類に分かれます。尚、銀行振り込みは、現金払いに含まれます。


全額施工後払い


最も一般的な支払方法で、施工後に施工料金を全額支払います。施工料金の持ち逃げや施工を途中で放棄するといった心配がなく、施主にとってリスクがありません。

施工業者にとっては、施工料金が回収できない可能性がありますが、お客様のメリットを優先してこの支払方法を提示しています。


施工前半分、施工後半分払い


施工前に施工料金の半額を支払い、残りを施工後に支払う2回払いです。現金払いの中では、2番目に提示されることが多い支払方法です。

施工業者は、施工前に受けとった施工料金で、塗料などの材料を購入するので、万が一、完工後に残りの施工料金が回収できなかった場合でも、被害を最小限に留めることができるメリットがあります。

施主にとっても、全額を前払いしているわけではないので、持ち逃げや途中で施工を途中で放棄されるといったリスクが少なく、施工業者と施主の両方のとって、リスクのバランスが取れている支払方法です。


施工前3割・施工中3割・施工後4割の3回に分けて支払い


施工料金を3回に分けて支払う方法です。建物の規模が大きく施工料金が高額な場合に用いられ、戸建の施工で採用されることはほとんどありません。

戸建で提案された際に、施工後に支払う施工料金の割合が小さい場合は注意が必要です。悪徳業者だた場合、施工料金の大部分を支払っているので、施工の放棄や手抜きをされる可能性があります。


全額先払い


着工前に施工料金を全額支払う方法です。

優良業者が用いることはほとんどなく、悪質業者の可能性が高いので、全額先払いを提案された際は非常に危険です。

悪質業者は、施工料金を全額受け取っているので、施工をしない、もしくはできる限り早く簡単に施工を終わらせたいと考えます。その結果、施工料金の持ち逃げや手抜き工事が発生します。


クレジットカード


クレジットカードは、対応している業者が少ないため、希望される場合は事前に確認が必要です。

また、クレジットカードで支払った場合は、ポイントが付くためお得ですが、業者独自の割引が適用されない場合があります。業者がカード会社へ支払額の3~5%程度の手数料を支払う必要があるため、割引を行うことが難しいためです。


リフォームローン

公的融資と民間融資


リフォームローンは、金融機関によって公的融資と民間融資の2種類に分かれます。公的融資は、住宅金融支援機構や財形住宅融資、自治体住宅融資などの公的な金融機関が取り扱うローンです。低金利で長期融資ができる点がメリットですが、審査の条件が厳しく、施工金額の8割程度までしか借りることができません。

民間融資は、都市銀行や地方銀行、信用金庫などの民間機関が取り扱うローンです。公的融資に比べて、条件が緩く、限度額の範囲であれば施工料金の全額を借りることができます。但し、金利が高いです。


無担保ローンと有担保ローン


担保の有無のよって、無担保ローンと有担保ローンの2種類に分かれます。無担保ローンは、担保が不必要で手続きが簡単といった特徴があります。

有担保ローンは、無担保ローンに比べて金利が低いですが、手続きが多く審査に時間がかかり、保証料や手数料などの費用が発生します。


財形貯蓄を活用する方法


財形貯蓄とは、会社の給料から一定額を天引きして預金するものです。財形貯蓄制度を導入している企業の従業員で55歳未満であれば、任意で利用することができます。

一般財形、財形住宅、財形年金の3種類があり、外壁塗装で利用できるのは財形住宅になります。


財形住宅のメリット


財形住宅は、個人が銀行で行う積みたてと比べて、次のようなメリットがあります。

・利率が良い場合がある
・利息への税金が安くなる
・住宅ローンの税率が優遇される
・財形年金と合わせて、元本550万円の利息が非課税
・住宅関連の支出にしか使えないので、計画的に貯蓄できる


財形住宅の使用条件


財形住宅は、下記の使用するための条件があります。

・施工料金が75万円以上
・施工後の床面積が50㎡以上
・施工後に勤労者本人が居住
・居住用と他の部分を合わせてリフォームする場合は、費用の半分以上が居住部分であること


まとめ

外壁塗装の支払い方法は現金で後払いが主流で、全額先払いの場合は、悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

現金払いの他には、クレジットカードやリフォームローン、財形貯蓄といった方法があり、施工契約をは、支払い方法と支払うタイミングを確認して、それぞれの特徴を把握して行いましょう。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ