外壁・屋根塗装で補助金(助成金)を受ける条件と注意点

各自治体や国で、施工費用の一部が支払われる補助金制度が施行されています。外壁塗装が対象になっている補助金制度もあり、申請しなければもらえません。

このページでは、外壁と屋根塗装の補助金、補助金をもらうための条件、申請から受給までの流れ、この地域で過去にあった補助金の内容について紹介しています。

補助金とは


補助金は、返済不要のお金を工事終了後に支給してくれる制度です。国や自治体が公益性があり、地域の活性化を目的として行っており、自治体が行っている補助金は、住んでいる地域によって制度が異なります。


補助金と助成金の違い


補助金と助成金に明確な区別や基準はありませんが、補助金は、審査や期間、全体で支給できる予算が定められていることが多く、助成金は、支給の条件が定めらていないことが多いです。

但し、助成金でも期間などが定められていることがあるので、個々の制度ごとに条件を確認する必要があります。


外壁と屋根塗装の補助金


外壁と屋根塗装の補助金は、断熱・遮熱塗料での施工が対象になっていることが多いです。省エネ効果やヒートアイランド現象の防止が見込めて公益性があるためです。

但し、一部地域では、通常の塗料でも対象になっているケースもあります。


補助金をもらうための条件

施主の条件

個々の制度ごとに条件が異なりますが、補下記の条件を満たしている必要があることがほとんどです。

・定められた地域内に住んでいる
・税金(市民税・固定資産税など)を滞納してない
・建築基準法が守られた建物
・過去に同じ補助金制度を利用していない

施工業者の地域

補助金の中には、施工業者の所在地が補助金を交付する自治体内にあることが条件になっている場合があります。

申請期間

申請期間が定められており、契約日が申請期間内でなければならない場合があります。

着工前に申請が必要

着工前に申請が必要で、補助金交付の認定を受けるまでに3週間前後の時間がかかります。

全体の予算に限りがある

補助金は、全体の予算が定められていることが多く、予算を上回った場合は受付を終了します。

翌年も同様の補助金制度を行うことが多いので、今年度の受付が終了した場合は、翌年まで待てば同様の補助金を申請できる可能性があります。

申請から受給までの流れ

自治体によって変わりますが、基本的には下記の流れで行います。ほとんどの場合は、施工業者と協力して進めていきます。

申請に必要な書類の提出

主に下記の書類を提出します。

・申請書
・見積書
・図面
・住民票や免許証

審査

提出した書類を元に審査が行われ、問題がなければ交付が決定します。申請から交付の決定まで約3週前後かかります。

施工業者と契約

補助金の交付が決定した後に施工業者と契約を行って、契約書の写しを補助金を交付する自治体に提出します。

工事完了届けを提出

施工を行い完工した後に、補助金を交付する自治体に工事完了届けを提出します。

完了検査

補助金を交付する自治体によって、申請内容の施工が行われているかの審査が行われます。

補助金の受け取り

完了検査が完了して2~3週間程度で補助金が受け取れます。

まとめ

外壁塗装の補助金は、断熱・遮熱塗料の施工が交付される場合が多いです。申請期間や予算が定められているので、施工を検討している場合は、お住いの地域でどのような補助金が行われてきたのかを調べて、計画的に準備する必要があります。

申請ができる状況であれば、施工業者と協力して進めていくので、申請自体はそれほど難しくなく、施工費用を抑える非常に有効な手段になります。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ