アクリル塗料の特徴と単価

アクリル塗料は、かつては主流であった塗料ですが、現在は、より性能が高い塗料があるので、外壁塗装では、ほとんど使われません。

アクリルという名称が付く塗料でも、ピュアアクリルやアクリルシリコン、アクリル樹脂のラジカル制御形塗料は、全く別物なので、混合しないように注意が必要です。

このページでは、アクリル塗料の特徴、施工単価、アクリル塗料と間違えやすい塗料、代表的な塗料について紹介しています。

アクリル塗料はどんな塗料なのか?

アクリル塗料は、アクリル樹脂を主成分とした塗料です。

現在主流のシリコン塗料より2つ下のグレードで、内壁に使用されることが多く、外壁塗装で使用されることは、ほとんどありません。

ほとんどが1液の塗料

水性と油性があり、ほとんどが1液の塗料です。1液は硬化剤を混ぜる必要がないので、手軽に施工を行うことができます。

アクリル塗料の特徴

価格が安い

アクリル塗料の最大の特徴がは、価格の安さです。

現在主流のシリコン塗料の1平米当たりの単価は、1,800円~2,800円前後に対して、アクリル塗料の1平米当たりの単価は、1,200~1,800円前後です。

耐久性が低い

シリコン塗料の耐久年数が10年程度に対して、アクリル塗料の耐久年数は、3~5年程度です。そのため、シリコン塗料に比べてメンテナンスの周期がはやく、長期的にみるとコストが高くなります。

色が豊富で発色が良い

色のバリエーションが多く発色が良い特徴があり、様々な鮮やかな色を表現することができます。

透湿性が高い

透湿性が高い特徴があるため、軒天井などの湿気が籠りやすい木部で使われます。

汚れやすい

防汚性がほとんどないので、汚れやすいです。また、紫外線や風雨の影響で、色褪せやツヤが引けるのが早いです。

アクリル塗料の施工単価(m2)はいくらくらいか?

1平米当たりの単価は、1,200~1,800円前後です。

こんな方にオススメする塗料です

施工料金が安いので、頻繁に色を変えたい場合や、数年で取り壊しが決まっている場合にオススメです。

アクリル塗料と間違えやすい塗料

アクリルはアクリルでもピュアアクリルは別物

ピュアアクリルは、新タイプのアクリル塗料で、従来のアクリル塗料とは全く別の塗料です。

従来のアクリル塗料の耐久性は、不純部が入っているため低くなっていますが、ピュアアクリルは、不純部を取り除いて有機ガラスを配置することで、15年以上の耐久性を実現しています。

アクリルシリコンはシリコン塗料

塗料のカタログやサイトに、アクリルシリコン樹脂と表記されているものがありますが、これは、アクリル塗料ではなく、シリコン塗料です。

アクリル樹脂のラジカル制御形塗料

ラジカル制御形塗料の中には、アクリルを主成分にしているものがあり、これも厳密にいうとアクリル塗料です。但し、耐久性はシリコン塗料以上です。

代表的なアクリル塗料

塗料1

ケンエース:のケンエース:1,200円

塗料2

SK水性ELコート:エスケー化研:1,500円

まとめ

アクリル塗料は、安価ですが耐久年数が短いため、外壁塗装で使われることは、ほとんどありません。但し、頻繁に色を変えたい場合や、取り壊しが決まっている場合、軒天井などの木部では採用されています。

アクリル塗料と間違えやすい塗料に、ピュアアクリルやアクリルシリコンがあります。これらは、アクリル塗料と性能と価格が異なるので注意が必要です。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ