セラミック塗料の特徴と代表的な商品

セラミック塗料は、デザイン性や機能性に優れた塗料ですが、訪問販売に「セラミック塗料だから長持ちします」と言われたら注意が必要です。

セラミック塗料そのものは悪い塗料ではありませんが、必ずしも耐用年数が長いものとは限りませんので、どのような特徴があるのか知っておくことが大切です。

このページでは、セラミック塗料の種類や価格、訪問販売に勧められたときの注意点などについて紹介します。

セラミック塗料とは?

セラミック塗料とは、シリコンやフッ素といったグレードの1つではなく、セラミックが配合された塗料のことを言います。訪問販売でセラミック塗料がよく使われているため、良くないイメージを持っている方も多いですが、セラミック塗料自体は優れた塗料になります。

ただ「塗料にセラミックが何%入っていればセラミック塗料である」という定義が定められていないため、少しでもセラミックが入っていれば、セラミック塗料と言えてしまうので注意が必要です。

また、セラミック塗料は長持ちするイメージがありますが、セラミック100%の塗料は存在せず、耐用年数は塗料のグレードによって決まります。

例えば、シリコンにセラミックが入った塗料はシリコン塗料の耐用年数、フッ素にセラミックが入った塗料はフッ素塗料の耐用年数となります。

セラミック塗料と呼ばれる塗料には4タイプある

意匠性を持たせる石調塗料

意匠性とはデザイン性という意味で、石調塗料は天然石や陶磁器などが入っている塗料のことを指します。主に吹き付け工事で使用され、石目調仕上げなどとも言います。

注意点として、天然石や陶磁器は耐久性には関係がなく、デザイン性のためだけに入れられているため、セラミックだから長持ちするということではありません。石調塗料の耐用年数は、最後に塗るクリヤー塗装のグレードによって決まります。

高グレードの無機塗料

無機塗料とは、砂・砂利などのセラミックやケイ素などの無機物を主成分とした塗料のことです。

無機物そのものは紫外線を受けても劣化しにくい性質を持っているため、半永久的な耐久性が期待できますが、塗料としては固くて塗ることができません。そこで、有機物を混ぜて、塗料として塗れる状態にしたものを無機塗料と言います。

有機物は紫外線で劣化する性質を持っているため、半永久的な耐久性は失われますが、無機物が含まれていることにより、シリコン塗料やフッ素塗料などの有機塗料に比べると、耐久性はとても高くなります。

低汚染塗料といわれる塗料

セラミックは親水性が高いため、セラミックが含まれた塗膜に汚れが付着すると、塗膜と汚れの間に雨水が入り込み、汚れを洗い流してくれます。

このような汚れにくい塗料を「低汚染塗料」「超低汚染塗料」などと言い、長期的に綺麗な外壁を保つことが可能になります。ただし、汚れにくい性質があるからといって、耐用年数が長くなるわけではありません。

ガイナなどの断熱・遮熱効果のある塗料

セラミックは断熱性に優れているので、太陽光などの熱を伝わりにくくする断熱効果、熱を反射する遮熱効果が期待できます。

代表的な塗料のガイナは、シリコン樹脂の中に含まれる、セラミックビーズというセラミック製の粒子の配合量が多いため、より優れた断熱・遮熱効果を発揮します。さらに防音性、耐火性、結露防止などの効果もあります。

セラミック塗料の単価と耐久性

塗料名 タイプ 耐久年数 単価(m2)
ネオフレッシュティアラシリーズ(山本窯業化工) 石調塗料 20~25年 4,000~7,000円
キクスイスキンコート(菊水化学工業) 石調塗料 15~20年 4,000~5,500円
無機ハイブリッドコートJY(アステックペイント) 無機塗料 20~25年 3,800~5,000円
パーフェクトセラミックトップG 無機塗料 15~20年 3,800~4,500円
水性セラミシリコン(エスケー化研) 低汚染塗料 12~15年 1,900~2,400円
ファイン4Fセラミック(日本ペイント) 低汚染塗料 15~20年 3,500~4,300円
アドグリーンコート(日本中央研究所) 遮熱塗料 8~12年 3,000~4,000円
ガイナ(日進産業) 断熱・遮熱塗料 15~20年 3,800~4,500円

セラミック塗料だから長持ちする!というのは間違い?

訪問販売で「単価は高いが、セラミック塗料だから長持ちする」という営業をしてくる場合がありますが、前述の通り耐用年数はシリコンやフッ素などのグレードによって変わるので、セラミックだから絶対に長持ちするというのは間違いです。

また、セラミック塗料の中にも耐用年数が長いものもありますが、これはグレードが高い無機塗料などにセラミックを配合している塗料であって、セラミックによって耐用年数が長くなっているわけではありません。

長持ちするからという理由でセラミック塗料を提案してくる業者は、お客様を騙して相場よりも高額な金額を請求してくるので注意してください。

もしセラミック塗料を勧められた場合は、すぐには契約せずにシリコンやフッ素などのグレード、塗料名、メーカー名をきちんと確認するようにしましょう。

まとめ

セラミック塗料とは、通常の塗料にセラミックを配合した塗料のことで、主に「石調塗料」「無機塗料」「低汚染塗料」「断熱・遮熱塗料」の4種類に分類されます。

そして、セラミックが入っていれば耐久性が高くなるということでは無く、耐用年数は塗料の主成分であるシリコンやフッ素などの樹脂のグレードによって決められます。

訪問販売で「セラミックだから長持ちする」などと言い、高い金額を提示してくる場合がありますが、セラミックだからといって、必ずしも長持ちするということではありませんので注意しましょう。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ