屋根塗装で行う縁切り・タスペーターの価格や単価

スレート瓦を塗装する際は、縁切りという工程が必要になります。塗装に直接関わる工程ではありませんが、屋根の劣化や雨漏りに関係する重要な工程です。

このページでは、縁切りの種類、雨漏りの原因になる仕組み、費用についてを紹介しています。

縁切りとは


スレート瓦は、塗装をすると瓦の重なった部分に塗料が入り込んで、瓦同士の隙間が塞がります。縁切りは、この隙間を埋めないための工程です。


縁切りをしないと雨漏りの原因になる?


瓦の重なった部分の隙間は、瓦の内側に入り込んだ雨水を排水する役割があります。

塗装によって、瓦の隙間が塞がると雨水が排水されずに、瓦の内側に溜まっていきます。瓦の内側に溜まった水は、瓦の外の水を吸い上げる「毛細管現象」を発生させるので、瓦の内側に大量の雨水が入り込みます。

隙間に入り込んだ雨水は、瓦の下にある防水シートや野地板に達して劣化させます。劣化が進行すると穴が空いて雨漏りが発生します。


縁切りをしないケース


新築の際は、屋根が完成した後にスレート瓦へ塗装を行わないので、縁切りは必要ありません。縁切りは、新築から次の屋根塗装の際に行います。


縁切りの工法は2種類

縁切りは、従来の縁切り工法とタスペーサー工法の2種類があります。現在は、作業性や美観に優れているタスペーサー工法が主流となっています。

従来の縁切り工法

従来の縁切り工法は、塗装を行って塗料が乾いた後に、カッターナイフや皮スキなどを使って、手作業で隙間を空けていきます。

乾いた塗料は固いため、非常に手間がかかり、一般的な30坪程度の住宅の場合、2人で作業を行っても丸1日程度の時間が必要です。

また、塗膜を切るように作業を行うため、塗膜の切れ目がギザギザになって美観がよくありません。

タスペーサー工法

タスペーサーは、瓦の隙間に入れる縁切り部材の名称です。

下塗りが終わった際に、瓦の隙間に挿入することで、中塗りと上塗りの塗料で瓦の隙間が埋るのを防ぐ効果があります。

隙間を確保するので、従来の縁切り工法が不要になり、塗膜を傷付ける必要がありません。また、従来の縁切り工法よりも作業時間が短縮されるので、人件費を抑えることができます。

そのため、現在はタスペーサー工法が主流となっています。

但し、瓦の隙間が4ミリ以上空いている場合は、タスペーサーで縁切りを行うことができません。隙間が大きすぎるため、タスペーサーを安定して設置することができないので、従来の縁切りが必要になります。

縁切りの費用

従来の縁切り工法

従来の縁切り工法の施工単価は、1平方メートルあたり約500~800円程度が相場です。一般的な30坪程度の戸建ての場合、30,000円~60,000円程度の費用がかかります。

タスペーサー工法

タスペーサー工法の施工単価は、1平方メートルあたり約200~400円程度が相場です。一般的な30坪程度の戸建ての場合、15,000円~25,000円程度の費用がかかります。

まとめ

屋根の排水を適切に行われなければ、雨漏りが発生する危険性があるので、縁切りは非常に重要な工程です。従来の縁切り工法とタスペーサー工法の2種類があり、現在の主流はタスペーサー工法です。

お見積もりの際は、縁切りが適切に行われるかを確認することオススメします。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ