外壁・屋根塗装で使う足場の種類と費用

外壁塗装を行う際は、足場が必ず必要です。施工料金の約2割を占める工程ですが、無料もしくは安くしたいと考えるのは危険です。

このページでは、足場の種類と特徴、施工単価、料金が高くなる例、足場が無料と言われた場合の注意点を紹介しています。

足場の必要性

一昔前までは、足場を組まないで施工を行うこともありましたが、現在は、職人の安全を確保する、作業品質、近隣住宅への配慮といった点から、足場を必ず設置します。

職人の安全を確保


塗装を行う際は、高所に上って作業を行う必要があります。梯子でも高所作業は可能ですが、転落する危険性があります。

足場を組む事によって、高所から転落するリスクを減らすことができるので、職人の安全性を確保に繋がります。


施工品質の維持


足場の上は安定した姿勢がとれるため、キレイに塗装を行うことができます。無理な姿勢だと疲れやすく、丁寧で細かい作業を継続して行うことが難しいです。

適切に塗装を行わなければ、塗料の性能を十分に発揮する事ができません。そのため、高品質な施工を行うためには、足場を組む事が必須です。


ご近所とのトラブルを回避する


足場の外側から囲むようにして養生シートを被せて、塗料の飛散を防止します。養生シートが無い場合は、近隣住宅や車に塗料が飛び散る可能性があり、ご近所とのトラブルになります。


足場の種類と単価

単管足場

単管足場は、丸い鉄パイプの単管を2本並べて足場を作ります。隙間や凸凹があるので、滑りやすく足元が安定しません。そのため、落下する危険が高く、現在はほとんど採用されていません。

但し、狭い場所でも組むことができるので、隣の建物との間が狭い場合などで採用されることがあります。

施工単価は、1平米あたり600円~800円程度が相場です。

単管ブラケット足場

単管ブラケット足場は、単管に突出した部分を支えるブラケットをつけ、その上に足場板を乗せて足場を作ります。

単管足場よりも足場が安定しますが、ブラケットをボトルで締めて組み立てるので、揺れやすく、設置に時間がかかるデメリットがあります。

施工単価は、1平米あたり800円~1,200円程度が相場です。

クサビ(ビケ)足場

クサビ(ビケ)足場は、ブラケットをハンマーで叩いて差し込んで組み立てます。そのため、強固に固定されるので、揺れが少なく安全性が高い特徴があります。

また、足場の幅が広く非常に安定していて、設置の時間が短いので、現在主流の足場となっています。但し、組み立てる際に、ハンマーで叩く音が発生します。

施工単価は、1平米あたり800円~1,200円程度が相場です。

クサビ(ビケ)足場の早見表

坪(延べ床面積) 2階建て 足場面積 単価/m2
(施工単価800円で計算)
20坪
155~169
124,000~135,200
25坪
170~184
136,000~147,200
30坪
185~199
148,000~159,200
35坪
200~214
160,000~171,200
40坪
215~229
172,000~183,200
45坪
230~244
184,000~195,200
50坪
245~259
196,000~207,200

屋根足場

屋根足場は、屋根の勾配が急な場合に、職人が屋根から落ちないように設置される屋根用の足場で、設置する勾配の目安は、5.5寸です。

施工単価は、1平米あたり700円~1,000円程度が相場です。

こんな場合は足場の費用は高くなる!?

3階建ての建物


3階建ての建物は、2階建の建物と比べて高さがあるので、頑丈に足場を組む必要があり、足場料金が割高になります。

金額は業者によって変わりますが、1平米あたり100~200円程度、割高になる場合が多いです。


隣との隙間が狭いとき


隣との隙間が狭い場合でも、施工単価は相場と変りません。単管足場を採用して足場を組む場合は、1平米あたり600円~800円程度が相場です。

また、狭いスペースで塗装を行う際の追加料金が発生することは、ほとんどありません。


屋根の勾配が大きいとき


屋根の勾配が大きいときは、屋根足場を設置しますが、勾配の大きさによって施工単価が高くなることはありません。施工単価の相場は、1平米あたり700円~1,000円程度です。


足場が無料と言われた場合は注意が必要?


足場を無料にすると言われたら、注意が必要です。

塗装工事で足場は必ず必要で、施工料金の2割程度を占める工程です。自社の利益を削って提案しているのであれば構いませんが、そうでない場合がほとんどです。

見積もり書の足場の項目が無料になっているだけで、上塗りなどの他の項目が割高で、施工料金の総額は安くなってないケースがほとんどです。

すべてに当てはまるわけではないですが、足場を無料にすると言われたら、他項目の単価をチェックする事をオススメします。

また、手抜き工事を行って利益を確保する可能性も否定できないので、必ず複数業者でお見積もりをとって、比較検討することをオススメします。


まとめ

現在の足場は、クサビ(ビケ)足場が主流で、一般的な述べ床面積30坪の住宅の場合、150,000円前後が相場です。

足場は直接施工に関係無い部分ですが、職人の安全確保や施工品質の維持、塗料の飛散防止といった役割があり、必ず必要な施工内容です。

足場無料と提案された場合は、他の項目が割高になっている場合が多いので、注意が必要です。

女性スタッフお気軽に
ご相談ください!

塗装の基礎知識

各作業内容

価格や相場

塗料の選びに役立つ知識

塗料グレード

   

見積書チェックポイント

業者選び

劣化現象

外壁材

屋根材

   

雨漏りについて

   

部位ごとの施工金額

施工事例

会社概要

▼

お問い合わせ

外壁・屋根塗装のことなら、何でもお気軽にご相談ください!

お電話 メールフォーム
スタッフ